使い方を間違えないようにするには

ローンというのは賢く使えば、大変便利なものです。 住宅ローンなんかは、家を買う際に使いますが、このようなローンがなくては、多くの人が家を買えなくなってしまいますよね。 「ローンを組む」ということ自体は、悪いことではないのです。 それでは、何が問題なのかというと、ローンを組むということは、借金を負うということだと自覚がない場合ではないでしょうか。 誰も、積極的に「借金を負いたい」なんて思わないと思いますが、カードローンは気軽に組む人がたくさんいます。 そんなに深刻に考えなくても……、と思うかもしれませんが、カードローンだって実は立派な借金です。 住宅ローンなどの場合は数千万円の借金になるわけですが、それは「家」というものが手に入るから、覚悟を持って、よく考えてローンを使いますよね。 どんなローンがいいのか、金利はどうなのか、人生で一番大きな買い物であるだけに一生懸命考えるでしょう。 しかし、カードローンなどの場合には、みなさんそこまで考えて使わないと思います。 家を買う時のような覚悟もなければ「意識」もなく、気軽に使いますよね。 自分のことを考えたって、ちょっと大きな買い物を分割払いにしてみたことはいくらでもあります。 カードローンで怖いのは、生活費や娯楽費、交際費にお金が消えているケースです。 これらの場合も「使っている意識」が希薄になりがちです。 もちろん、カードの使い方は人それぞれですので、必ずしも「賢い」使い方をしなくてはいけないということはありません。 しかし「間違った使い方」はしてはいけないと思います。 なぜなら、間違った使い方は、借金をした本人を後々、苦しめることになるからです。 カードだと自分の手元から現金がなくなるわけじゃないので、どうしても「お金を使った」という意識を持ちにくいと思います。 しかし、実際にはあとでまとめて、払わなくてはなりません。 返す際には利息などもあるので借りた時よりも多く返さなくてはいけないですよね。 間違った使い方をすると、後で自分が苦しくなりますので、使い方をもう一度、振り返って考えてみませんか。